シリコンバッグによる豊胸手術

シリコンバッグを入れることで得られるもの

ヒアルロン酸を使うプチ豊胸や、自分の脂肪を取り出して再注入する脂肪豊胸など、手術までしなくてもバストサイズを大きくする方法が色々とあります。でも、シリコンバッグを挿入する方法だけのメリットがあることも確かです。手術をするとダウンタイムなどの問題もありますが、身体にもともとある成分なので吸収されやすいヒアルロン酸や脂肪と異なり、一回挿入してしまえば半永久的に大きくて垂れないバストのままでいられるという点は、シリコンバッグの最大の特徴だと言えるでしょう。
少しだけバストを大きくしたい人ならプチ豊胸でも充分ですが、一気に2カップ以上大きくしたいなら、シリコンバッグを挿入する手術の方が適しています。手術と言っても傷跡はほとんど目立たないので、気づかれる心配はいりません。

進化して安全性もアップ

シリコンバッグを手術で挿入する豊胸手術をする時のメリットはたくさんありますが、胸に異物を入れた時にこれが破損したら不安だという人も多いのではないでしょうか。確かに身体に強い衝撃が加わった時に、体内のシリコンバッグにダメージが加わる事態に遭遇することも、時にはあるかもしれません。シリコンバッグの破損に関しては、メーカーも品質改良に取り組んでいます。その結果、耐久性に関しては大幅に向上しました。内容物も、シリコンバッグを多層構造にすることで、中身が漏れないように工夫をしています。
この他にも、シリコンバッグの中にはマイクロチップを内蔵したものまで登場しました。チップに患者さんの情報を記憶させておくことで、将来シリコンバッグを取り出すときなどに対処しやすくなっています。