手術費用はどれくらいかかるのか

体のコンプレックスを解消

人には誰でも自分の体の中でここが気に入らないという部分はあるでしょう。しかし、気に入らないレベルは個人差がかなり激しく、人によっては大きなコンプレックスになっていることもあります。コンプレックスを抱えたままの生活ほど苦しいものはありませんから、できるだけ早期にこのコンプレックスを取り除いてあげる必要があります。女性の場合のコンプレックスとしてよく挙げられるのが、胸が小さいとか胸の形がよくないという内容です。この胸のコンプレックスであれば、美容外科で行っている豊胸手術で解消できるでしょう。自分の好きな胸の大きさ、好きな胸の形にしてもらえますので、コンプレックスから解放されます。手術費用は美容外科、そして手術内容によって異なります。

どれくらいの費用が必要か

胸を大きくしたり、形を整えたりする際にはヒアルロン酸注入やシリコンパックの挿入等が行われます。シリコンの挿入は昔からありますが、この場合の手術費用は両方の胸を行った場合、50万円以上はかかるのが相場です。そしてヒアルロン酸注入の場合はここまで費用は高くなりません。しかし、ヒアルロン酸注入の場合は、注入後数年の間にヒアルロン酸は体内に吸収されていきますので、結果的に数年後は胸は元の形、大きさに戻ってしまいます。一方、シリコンの場合は半永久的に長持ちしますが、破損の恐れもありますし、費用が割高設定です。どのような方法で美容整形をしたとしても、リスクもあることを念頭においた上で、手術をするかどうか判断しましょう。